保険ショップとの違い

最近CM等でよく見かけるほけんの窓口などの保険ショップとFP(ファイナンシャルプランナー)の保険相談と何が違うのかと疑問の思う方も多いと思いますので簡単に説明しておきます。

まず、どちらも基本的に相談は無料な点は同じです。

無料なのは保険契約をしてもらえた場合はどちらも多額の保険契約手数料が入るからです。

また、保険相談をした大体3割以上の方が保険相談のあと保険契約をするようです。

これは一般的に保険募集人が面談した際に契約に至る確率よりはるかに高いようです。

したがって保険相談が無料で行われているのです。

保険ショップの店員は保険代理店の社員で、そのほとんどが単なる生命保険募集人、いわゆる保険のおばさんとかつて言われていた人ですが、FP(ファイナンシャルプランナー)は認定資格で所定の資格試験を合格するなど一定の要件を満たす必要があります。

もちろん保険ショップの店員の中にもFP(ファイナンシャルプランナー)の有資格者もいますがやはりそれ程多くないようです。

したがってFP資格保持者は一般的には保険ショップの生命保険募集人よりは保険や金融知識全般に詳しいことは明らかであると思います。

また、一般的にFP(ファイナンシャルプランナー)の有資格者は生命保険募集人よりも幅広い保険会社の保険知識や税務知識などもありますので総合的に判断した上で最適な保険提案をすることが可能なようです。

そんなFP(ファイナンシャルプランナー)への保険相談ですから少々複雑な案件や真剣に相談したいことがある方には最適だと思います。

一方、保険ショップにもメリットが多いと思います。

保険ショップはFP(ファイナンシャルプランナー)と違って個人の力量に依存するのではなく、店舗全体でのサポート力でお客様を満足させていくことを重視しています。

また、利用する側からすれば、思い立った時にすぐにちょっとした相談が出来る点では、お近くの保険ショップの方がいいかもしれません。

例えば、明日から海外旅行に行くので海外旅行保険の契約を説明を受けながら契約するとか、最近注目されている自転車保険やペットの保険の相談が気軽できる保険ショップはそんな場面では利用価値があると思います。

更に保険ショップで保険契約をするとその後の保険金の受け取りや、保険契約の内容変更などは保険ショップですべて行うことが可能です。

そして、ほとんどすべての保険会社の保全サービスを保険ショップ内で一括で行うことが可能ですので非常に便利です。

また、大手保険ショップは日本全国に店舗がありますので、転勤が多いご家庭などでは転勤先でもアフターサービスが受けれるという点でもメリットがあると思います。

まずは自分にあった保険相談をしっかりと決めて、納得がいくまで相談してください。

真剣に納得した保険プランを受けるには複数のFP(ファイナンシャルプランナー)や保険ショップで相談して比較検討するのが賢明です。

何といっても無料ですし、場合によっては無料の保険相談で商品券やギフトカードなどの謝礼を受け取ることもできますので相談することがあれば気軽に相談していただければと思います。

お近くの保険ショップ検索は保険ショップ比較.com

保険相談や保険見直しでもれなく商品券やギフトカードや楽天ポイント・Tポイントなどがもらえる無料保険相談キャンペーン一覧