リーズ会社とは?

保険の見込み客をFP(ファイナンシャルプランナー)や保険募集人に紹介販売している会社をリーズ会社と言います。
一般にはあまり一般的ではないこのリーズ会社、近年ではとても増えてきています。

ほとんどのリーズ会社はインターネット上で保険の見込み客を探しているのでシステムさえ作ってしまえはあとは広告を垂れ流していけば、見込み客を探すのは容易のようです。

数年前までは無料でFP(ファイナンシャルプランナー)が保険相談に乗るというだけで、結構な数の人々が保険相談の申し込みをしていたものですが、リーズ会社が乱立してきた現在では、高額の商品券やギフトカードを保険相談者にプレゼントするリーズ会社が大半のようです。

そんなリーズ会社はどのようにFP(ファイナンシャルプランナー)に保険の見込み客を販売しているのか疑問に思う人もいるでしょうから簡単に説明していきます。

まず、FP(ファイナンシャルプランナー)はサイトに登録する際に登録料をリーズ会社に支払うことによってサイト内の閲覧が可能になります。

リーズ会社の会員になったFP(ファイナンシャルプランナー)が閲覧可能なサイト内では保険相談の申し込みをしたきた人(保険の見込み客)がリストになっています。

リストには個人名を除く詳細情報が記載されていて、楽天などECサイトで買い物をするように、保険の見込み客の個人情報が商品化され販売されています。

残念ながら保険相談を申し込んだ人も一定の条件でそれぞれ値付けがされているようです。

一般的に独身の方よりも結婚している方の方が価格が高く、また、子供がいると更に高く金額が設定されているようです。

また、法人の場合は更に値段が上がるようです。

当然、年収が高い方が値段が上がります。

契約した際の保険料が高い可能性のある見込み客が高い値段設定になっているということです。

ということは実際に申し込んでもすぐに面談が決まる場合とそうでない場合が生じるということです。

保険契約につながりそうな優良案件は高いですし、既往症などがあり、契約に至る確率が低い案件は割引がされています。

要するに、その様な様々な案件をFP(ファイナンシャルプランナー)はお金を支払ってそれぞれの案件を買い取る形になっているので独身の方や年収の低い方は案件が買われる可能性が低くなりますので、面談すらしてくれない可能性もあるということです。

また、地方によっては登録FP(ファイナンシャルプランナー)の数が少ない場合は登録FP(ファイナンシャルプランナー)がすぐに対応できない為、保険相談が出来なかったり、出来ても時間がかかってしまうことが多いらしいようです。

保険相談の申し込みをされる方は自分の個人情報がこの様な形で処理され、販売されていることを承知の上で保険相談のお申し込みをして下さい。

その様な扱いをされることが嫌な方はまずは詳細情報を申し込みの際に記載の必要のない保険ショップで相談してみるのもいいかもしれませんね。

保険ショップの比較・検索は登録保険ショップ数ナンバーワンの保険ショップ比較.com

保険相談でもれなく商品券やギフトカードがもらえるキャンペーン一覧

保険相談や見直しで商品券やプレゼントなどのキャンペーンで注意しなくてはならないこと。謝礼商品は必ずもらえるわけではない

リーズ案件を探している保険営業関係者の方へ

このページに訪れた保険営業関係者の方は実際にリーズ案件を探している人だと思いますが、リーズ案件を提供している会社によって質のいいリーズ案件と質の悪いリーズ案件がありますので提供会社を選ぶ際には注意が必要です。

実際にリーズ案件を買ってはみたが、全然契約に結び付かないといった悩みを持っている人はリーズを提供している会社の案件の募集を調べてみるといいと思います。

ほとんどの会社はネットなどに広告を出して、そこから集客をしていますが、集客方法によって案件の質は変わってきます。

中には様々な切り口でセミナーを行っていて、セミナー来場者で相談がある人にファイナンシャルプランナーを紹介するといった募集を行っているところがありますが、その案件は一番質がいいと言っていいでしょう。

それはセミナーに来る時点でかなりハードルが上がりますし、さらに詳しく相談したいというような人は保険の見直しや新規契約を前提での相談となるからです。

また、不動産や相続のセミナーならば契約した際の保険料も高いことが予想されるためにこんないい案件はないでしょう。

次に狙い目なのはライフステージが変わった際の相談を受けることに特化した広告で募集しているリーズ会社です。

保険の見直しや相談は基本的にライフステージが変わった際に行います。

自ら見直しが必要と思っていることもあり、保険相談を受けることから納得すれば現在の保険を見直したり、新規で契約することが多くなるでしょう。

また、少し案件に当たり外れが多いのが、保険相談で商品券やギフトカードをプレゼントするキャンペーンで保険相談者を募集しているリーズ会社です。

残念ながら、これらのリーズ会社の案件の中には一定数の商品券目当ての相談者がいることは間違いありません。

商品券目当てであることが明らかな場合は案件の料金を返金してくれる制度があるかどうかなどをチェックしておきましょう。

また、実際の保険相談をした際にはその見込み客が商品券目当てであるかどうかをしっかりと面談で見極めていくことが必要となります。

このような商品券目当ての案件があるかどうかをチェックするのは簡単でその会社の案件募集のページをチェックすればいいだけです。

募集ページに商品券などのインセンティブがあるかどうかをチェックすると同時にその会社のネットの募集広告をチェックするだけで事足ります。

リーズ案件を利用する側もやみくもに信用して案件を買い取ることはせずに、事前にある程度リーズ会社を切り分けて良質な案件を数多く抱えているリーズ会社を探し出すことこそ保険契約につながることと理解して下さい。