なぜ保険相談で商品券がもらえるの?

jcbgiftcard1
無料で保険の見直しや保険相談をしてもらえて尚且つ、商品券やギフト券までもらえると思っている人も多いと思います。

そんな疑問を元国内大手保険会社に勤務していた管理人が詳しく説明します。

まず、特定の保険会社に勤務している人が保険相談や保険契約を目的に商品券やギフト券をプレゼントすることは保険業法で禁止されています。

その他高額なプレゼントも同様に禁止です。

したがって、保険契約に携わる人から、保険の契約と引き換えに商品券やギフト券またはその他プレゼントといったものをもらうことはできません。

しかし、そこに別の会社が入ることによってこの保険業法の禁止事項を回避しているのです。

実際、保険相談で商品券やギフト券がもらうことができるのは一般的にいう、FP(ファイナンシャルプランナー)紹介サービスを行っている会社です。

その会社は保険の募集事業はしておらず、ファイナンシャルプランナー(FP)に保険相談をして欲しい人を紹介するのがその会社の主たる業務です。

実際に保険契約をする際はFP紹介会社が手続きするのではなく、紹介されたFPが保険契約の手続きをすることとなります。

したがって、FP紹介をする会社の事業案内を見てみると保険代理店業と書いてある会社はないと思います。

もし、保険代理店業を行っていた場合は保険業法が適応されますので法律違反となります。

一方、保険見直しや保険相談を行っている保険ショップは保険代理店業になりますので、保険会社と同様に保険業法の適用を受けるために保険ショップで保険相談をしても多額の商品券や謝礼がもらえることはありません。

もしもらえることができたとしても2,000円程度までの図書カードや商品券やギフト券や粗品となります。

粗品としての線引きがどうやら2,000円くらいのようです。

したがって、FP派遣サービスの謝礼として商品券のプレゼントは問題なくても、親会社が大企業など、コンプライアンスの厳しいFP紹介会社は多額の商品券の謝礼はなく、せいぜい2,000円程度の図書カードや少額のQUOカードのみです。

というわけなので、保険の見直し相談を無料でしてもらって、JCBギフトカードなどの商品券やギフト券をもらっても問題はありませんのでどんどんFPに保険相談をしてみて下さい。

もちろん契約の義務はありません。

保険相談や保険見直しで商品券やギフトカードがもらえるおすすめのサービス一覧


無料の保険相談でA5クラスの黒毛和牛家族全員分もらえるキャンペーン開催中です。
家族が多い人はこちらが一番お得ですね。


クオカード3000円分がもらえる
ベテランのFPが揃っているので他のFPの提案と比べてみるといいでしょう。


ギフト券3000円分がもらえる


アマゾンギフト券3000円分がもらえる

保険相談や保険見直しでもれなく商品券やギフトカードや楽天ポイント・Tポイントなどがもらえる無料保険相談キャンペーン一覧

保険相談や見直しで商品券やプレゼントなどのキャンペーンで注意しなくてはならないこと。謝礼商品は必ずもらえるわけではない